大阪で給与計算のアウトソーシングをお考えなら当事務所(しば社会保険労務士事務所)へ

算定基礎届(定時決定)について

算定基礎届(定時改定)

毎年7月1日現在に社会保険に加入している従業員に対し、4月、5月、6月支給分の給与支払額の平均額でその年の9月分~翌年8月分までの社会保険料(健康保険・厚生年金保険)が決定します。

したがって、4月、5月、6月の給料が著しく高額になった場合は今後1年間の社会保険料も高くなる可能性が高まります。

その時期の残業を極力減らしたりすることにより月々の社会保険料の負担分を減らすことは可能です。

ただし、固定的な賃金の変動に伴う月額変更届(随時改定)の対象になってしまうと結局社会保険料の負担が増えてしまうといったこともあります。

算定基礎届は7月10日までに管轄の年金事務所へ提出しなければなりません。

次の1~3のどれかに該当する人は算定基礎届の提出は不要です。

 1.その年の6月1日以降の資格取得者                              

 2.その年の6月30日以前の退職者                        

 3.7月改定の月額変更届(随時改定)の対象者(随時改定が優先するため)

お気軽にお問い合わせください TEL 06-7493-3070 9:00~18:00〔土・日・祝日除く〕

PAGETOP
Copyright © しば社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.