大阪で給与計算のアウトソーシングをお考えなら当事務所(しば社会保険労務士事務所)へ

割増賃金と割増率

法定労働時間と法定休日

労働基準法では、労働時間の限度時間として1日8時間、1週40時間(44時間の例外あり)までと定めています。これを法定労働時間といいます。

1日8時間、1週40時間をを超えて労働させた場合には割増賃金の支払いが必要でです。

法律では、1週間に1日以上又は4週間に4日以上は休日を与えないといけません。これを法定休日といいます。

法定休日に労働させた場合にも割増賃金の支払いが必要です。

割増率について

割増賃金の種類は、時間外労働、休日労働、深夜労働ですが割増率に関しては次のようになります。

1.時間外労働

時間外労働に関する割増率は2割5分増しで計算します。

例えば1日の所定労働時間が8時間の人が残業を行うと、時間単価×1.25倍で計算し、1週40時間を超えてしまっても40時間を超えた分に関しても2割5分増しで計算し支給しなければいけません。

時間外労働が深夜(午後10時~午前5時)になってしまった場合は、さらに2割5分増しで支給する必要があります。

2.休日労働

休日労働に関する割増率は3割5分増しとなります。

法定休日に労働した場合は3割5分増しで計算しますが、法定外休日(法定休日以外の休日)に労働した場合は2割5分増しでも問題ありません。もちろん3割5分増しで支給しても構いません。

休日労働が深夜(午後10時~午前5時)になってしまった場合は、さらに2割5分増しで支給する必要があります。

3.深夜労働

深夜労働に関する割増率は2割5分増しとなります。

深夜労働に該当する時間帯は午後10時から午前5時までとなります。

時間外労働や休日労働が深夜に及んでしまった場合はさらに2割5分増しで支給しなければいけません。

割増賃金の計算方法

割増賃金を計算するには、時間単価に割増率を乗じた額になります。

時間単価を算出するには、1ヶ月の給与額÷1ヶ月の平均労働時間で1時間当たりの時間単価を算出します。

1ヶ月の平均労働時間の計算方法ですが次のように計算します。

(365日-年間休日日数)÷12か月×所定労働時間=1ヶ月の平均労働時間

1ヶ月の給与額を計算するにあたって除外できる手当があります。次の7つの手当てに関しては、割増賃金の基礎となる1ヶ月の給与額に含めなくても構いません。

1.臨時に支払われた賃金

2.一か月を超える期間ごとに支払われる賃金

3.住宅手当

4.家族手当

5.別居手当

6.通勤手当

7.子女教育手当

割増率のまとめ

・午後10時までの時間外労働→2割5分増し

・午後10時から午前5時までの時間外労働→5割増

・午後10時までの休日労働(法定休日の場合)→3割5分増し

・午後10時から午前5時までの休日労働(法定休日の場合)→6割増し

・午後10時までの休日労働(法定休日の場合)が時間外労働と重複する場合→3割5分増し

割増賃金の端数処理について

割増賃金を支給する際に端数処理が認められているのは、次のとおりです。

1.一ヶ月の時間外、休日、深夜労働を行った時間を1分単位で集計し、30分未満を切り捨て30分以上を1時間に切り上げる

2.一時間あたりの時間単価や時間単価に割増率を乗じた額が1円未満の端数が生じたときに、50銭未満は切り捨て、50銭以上は1円に切り上げる

お気軽にお問い合わせください TEL 06-7493-3070 9:00~18:00〔土・日・祝日除く〕

PAGETOP
Copyright © しば社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.